マーケティングにおける現場理論の展開


著者 : マーケティングと知識経営学研究会[編]
発行形態 : 書籍
判型 : A5
頁数 : 224頁
ISBN : 978-4-7944-2518-8
C-CODE : C3034
価格 : 2,592円(税込)
詳細
経営の現場を知る研究者たちによる,多岐にわたる分野の研究をまとめた1冊。

目次
第1章 非公式組織の社会構造としての実践コミュニティ
    ―批判的実践論に基づく一試論―
第2章 素材産業における環境経営の取り組みについて
    ―化学産業についての一考察:
     環境マーケティングと実践コミュニティの視点から―
第3章 合意形成としての「インサイトの発見」
    ―マーケティング調査結果の妥当性について―
第4章 市場開拓期のマーケティング行動
    ―社会構築主義から見るデジタル複写機市場の形式プロセス―
第5章 文化的使用価値を形成するコンテクストの検討
    ―関連性の認知原理を手がかりとして―
第6章 システム・インテグレーター業界にみる情報技術革新がもたらす価値共創への影響
第7章 経営理念に対する経営者と従業員の感じ方の違い
    ―インターナル・マーケティングとCSRの視点から―
第8章 国内線LCCの展開
第9章 助産所経営の展望
    ―切れ目ない支援を担う助産所事業―
第10章 非有名人による推奨効果に関する歴史的視点からの一考察
    ―綿絵の推奨者として登用された町人女性を事例にして―
第11章 関連性理論による大学広告の理解
第12章 実践コミュニティから生み出される新たな知識
    ―ロジスティクス会社の事例を手がかりに―



注文数:
>>ご注文方法


ページの先頭へ戻る