おすすめの1冊

一覧

グローバル経済における空港のファイナンスと投資

海外の民営化事例や経済規制など,日本の空港のあり方を考えるうえで必読の書。


過去おすすめの1冊


イベント・書店情報

一覧
  

「創成社新書フェア」開催中!
開催期間:2018/8/1〜8/31



過去のイベント情報


図書目録

2018-2019年度版図書目録ができました。

書店様へ

販売に役立つ情報をお届けします。

出版のご案内

出版のご構想につきましては,お気軽にお問い合わせください。

メディア

掲載した広告の一部をご紹介いたします。

インターンシップ

出版業界を学べる充実の内容です。






創成社紹介―本ができるまで―


創成社は,11月から,さらなる出版活動の充実と営業を効率よく積極的に展開するため,分社と本社を1つとし,文京区の春日で新たなスタートをきりました。
そこで,小社についてより深く知っていただくために,さまざまな角度から紹介してまいります。
今回は,編集の仕事をご案内いたします。





PIC1



 
まず,原稿がすべてそろっているか,分量がどのくらいかを確認します。
その後,本の出来上がりをイメージしながら,レイアウトを決めていきます。
 1.縦組み/横組み
 2.1ページの文字数
 3.活字の種類
 4.見出しのデザイン etc.
本の内容に合わせて読みやすい形を整えたら,組版会社にチェック用の校正紙(ゲラ)の作成をお願いします。
 
PIC1

 
ゲラができあがってきたら,編集者と著者の間で校正を行います。
誤字や脱字の修正,語調の統一はもちろん,文章の表現や内容の検討も行います。
より良い本にするために,何度も編集者と著者との間でやりとりをしていきます。
 
PIC1


 
校正が終わりに近づいたら,カバーデザインを決めます。
タイトルのレイアウト,配色,写真やイラストの使用など,書店で読者の目にとまりやすいものを考えていきます。
帯をつける場合は,キャッチコピーも検討します。
 
PIC1

 
本文,表紙に使用する紙の種類や,カバーの加工方法など,本の具体的な仕様を決めていきます。
 
PIC1

 
校正が終わり,本の仕様が決まったら,いよいよ製作です。
まずは,印刷会社で,本文・カバー・帯がそれぞれ印刷され,それを製本会社で本の形にしていきます。
 
PIC1

 
さまざまな過程をへて,ようやく本の完成です。
この後,全国の書店などに出荷されていきます。
 
PIC1









ページの先頭へ戻る