連載



おすすめの1冊

一覧

『国際機関への就職―JPOになるために―』

将来,世界で活躍するために必要なビジョンの描き方とは。筆者の経験から明らかにした。


過去おすすめの1冊


イベント・書店情報

一覧


イベントが決まり次第ご案内いたします。



過去のイベント情報


プレゼント・キャンペーン

一覧

『経済思想の歴史−ケネーからシュンペーターまで―』プレゼント
経済学は,社会の課題にどう向き合ってきたのか。代表的な理論の成立ちを探る。
(締切:2017/5/14)


過去のプレゼント・キャンペーン


図書目録

2016-2017年度版図書目録ができました。

書店様へ

販売に役立つ情報をお届けします。

出版のご案内

出版のご構想につきましては,お気軽にお問い合わせください。

メディア

紹介された書評と15秒CMをご覧いただけます。

インターンシップ

出版業界を学べる充実の内容です。





大場幸夫が考えていた 保育の原点





「あとがき」(大場富子)より抜粋

大場は「保育の原点とは・・・・」というような語りはしないように私には思える。子どもとかかわる(保育する)大人なら各々において,常に“原点に立ち返れよ”“原点に立ち返りつつ現状を捉え,意識化して子どもにかかわり,子どもの最善の利益のために実践せよ”というような出発点,軸としての“原点”を意味したのではなかろうか?




  
この度,小社から刊行いたしました,『大場幸夫が考えていた保育の原点』の一部を紹介いたします。
大場幸夫先生(元大妻女子大学学長)が,生涯をかけて追い求めた「保育」への想いに,ぜひ,触れてみてください。

(画像をクリックすると拡大いたします。)









ページの先頭へ戻る