おすすめの1冊

一覧

『大学生のための国際経営論』

次世代の国際経営のあり方を,実際の企業の事例を交えながら,わかりやすく解説した。


過去おすすめの1冊


イベント・書店情報

一覧
  

「国際協力新書フェア」開催中
(開催期間:2018/1/20〜3/20)



過去のイベント情報


図書目録

2018-2019年度版図書目録ができました。

書店様へ

販売に役立つ情報をお届けします。

出版のご案内

出版のご構想につきましては,お気軽にお問い合わせください。

メディア

掲載した広告の一部をご紹介いたします。

インターンシップ

出版業界を学べる充実の内容です。






簿記能力検定試験対策





このたび,小社では『全国経理教育協会 公式 簿記会計仕訳ハンドブック』を刊行いたしました。
29年度の新試験範囲に基づき,勘定科目と仕訳設例をまとめておりますので,11月26日(日)の試験対策にも最適です。

各級の試し読みをご用意いたしましたので,ぜひご覧ください。
(↓の画像をクリックすると試し読みができます。)



  


 
 
本書は全国経理教育協会が主催する簿記能力検定試験の各級に指定されている標準勘定科目の説明とそれに伴う仕訳を体系的に示したものです。
簿記の学習は,仕訳に始まり仕訳に終わるといわれています。企業の経理担当者には,日常の商取引の分類(仕訳)を行う能力が必要です。日々繰り返し行われる取引の内容を正確に分類する“仕訳力”を身につけなければなりません。また,個人は日常の生活を豊かにするために,日々の収支を記録し,計画する簿記および仕訳の知識が必要です。
本書はその内容を基礎簿記会計,3級,2級,1級および上級の5段階に区分しています。自分自身に合った段階のスキルから学ぶことができ,簿記の学習を始めたばかりの人にとっても,段階を経て,高い知識へとステップアップができます。
本ハンドブックを通じて,一人でも多くの人が簿記会計を理解し,ひいては日本のすべての人が簿記会計になじむことを願っています。   
(まえがきより)











ページの先頭へ戻る